食の安全への取り組み:アイチョイス(あいち生協)

  • 子育て割引
  • Web加入可

アイチョイス(あいち生協)の食の安全への取り組みト

農産品は、特別栽培以上の安全レベルを守ります。

農産品は、産直の特別栽培以上の安全レベルを守ります。遺伝子組み換え原料は厳しい自主基準で情報公開。不要な食品添加物は可能な限り排除。全商品で国産原料を優先します。放射能の自主検査も行っています。

残留放射能検査を継続しています。
食の安全への取り組みト

アイチョイスでは、安全・安心な商品をお届けするため、商品の残留放射能検査を実施し、その検査結果については、HPなどアイチョイスのメディアを通じ情報提供しています。

独自の安全基準で食の安全を守ります。
食の安全への取り組みト

安全性の観点から、農水省ガイドライン以上に判りやすく細分化した栽培歴表示や、商品開発/選定時における食品添加物の優先使用基準、使用制限基準(ガイドライン)などを設けています。

国産/天然素材を優先使用します。
食の安全への取り組みト

例えば、水産品は、鰻やエビ、貝類など養殖が一般的な素材以外は、天然ものを扱います。小麦や大豆などは、ポストハーベストの心配のある輸入素材でなく国産素材を優先使用します。

素性の確認できる食材が基本です。
食の安全への取り組みト

生産と消費の理想的な関係は、どこの、だれが、どのように作ったのかが判ることです。原料/生産方法/加工方法/物流方法など、食卓に届くまでの素性を可能な限り追跡できる状態を守ります。

お友達に紹介する

トップへ